胡蝶蘭の愛華園芸
胡蝶蘭の育て方


だんだん寒くなりました。冬支度です!
【ポイント】 温度を15度以上に保ってください。


■全体
 健康な株であればこの時期から花芽が出やすくなります。冬に向けて最低温度(15℃以上)の確保など準備を始めましょう。 花芽が出た場合、光の当たる方向が変わると花の向きやバランスが悪くなります。日中に置く鉢の位置や方向を固定するようにしてください。

■日照
 日中はレースのカーテン越しにできるだけ長時間当ててください。朝夕の光の弱い時間や曇りの日などは直接当ててください。

■温度
  最低温度を15℃以上保てれば成長を続けます。18℃以上が理想です。日中は窓際でレースのカーテン越しに光を当てますが夜間は寒くなりますので家の中央に置き、最低温度が15℃以下になる場合は、段ボールで全体を覆ったり、ホットカーペットなどで加温ください。

■潅水
みずやりのアドバイス 潅水は最低温度が15℃以上保てるかどうかで変わってきます。【15℃以上保てる場合】株が成長を続けます。通常通り植え込み材が完全に乾いてから水を与えてください。【15℃以上が保てない場合】株が成長しないので潅水間隔を長めにしてください。  (ちょっとひと工夫!) 水を与える場合は冷たい水道水を直接与えるより、前もってくみ置きした冷たくない水を与えるのをお勧めします。またこの時期は乾燥しやすくなるので、管理場所によっては霧吹きなどで湿度を保ってください。

■肥料
 15℃以上を保てれば与えますが、最低温度を15℃以上に保てない場合は与える必要はありません。

【みずごけの場合の肥料】 
 洋蘭用の液肥をメーカー指定のさらに5倍程度に薄めて与えてください。
【バークの場合の肥料】  
 メーカー指定の2倍程度に薄めて与えてください。微量要素も不足しますので微量要素を含んでいる肥料も株の状態を観察して与える必要があります。

■植替え
 全体をとりかえる植替えは来春まで待ちましょう。根や植込み材が極端に腐っている場合は植え替え急務ですが、元気な場合はさけてください。寄せ植えされている場合、根の塊を保持したままとりだしポリポットに入っているものはポリポットのまま、何にも入っていなければ同じ大きさの新品の素焼き鉢にそのまま押し込んでください。(植え替えした苗はデリケートになっていますので、とくにやさしく管理してください)



Copywrite(c)2006Aikaengei