胡蝶蘭の愛華園芸
胡蝶蘭の育て方




涼しくなり、すごしやすい季節になりましたね。
【ポイント】 温度を15度以上に保ってください。


■全体
 涼しくなり、すっかり秋ですね。日の長さも短くなってきました。この季節の変化が大事です。来年に花芽を出してくれる準備だからです。これから寒い日もでてきますので、15度以上を保つよう注意してください。

■日照
 太陽の光を直接当てると日焼けする危険性があるのでレースカーテン越しに当てるようにしてください。通気性の良い場所において霧水などを行い葉温を下げる工夫をしてください。

■温度
  これから寒い日もきますので、15度以上を保つよう注意してください。また通気を確保してください。

■潅水
 普通に水を与えてよい時期です。でもご注意ください。水を与えすぎると根腐れの原因になるので株や植え込み材を観察し完全に乾いたらたっぷりの水を与えるようにしてください。


■肥料
 来春に花が咲く準備のためにも肥料が必要です。

【みずごけの場合の肥料】 
 洋蘭用の液肥をメーカー指定のさらに5倍程度に薄めて与えてください。
【バークの場合の肥料】  
 メーカー指定の2倍程度に薄めて与えてください。微量要素も不足しますので微量要素を含んでいる肥料も株の状態を観察して与える必要があります。

■植替え
 植替えを予定している場合は寒い季節を迎える前までに植替えを行なってください。(植え替えした苗はデリケートになっていますので、とくにやさしく管理してください)
植替え対象(寄せ植えされているもの「花が終わって今後育てたい場合」や、2年以上植え替えを行なっていないもの)



Copywrite(c)2006Aikaengei