胡蝶蘭の愛華園芸
胡蝶蘭の育て方



むしむしと蒸し暑い季節なってきました。
ポイント・・・・・うっかり日(日光)にあてすぎないように。


■全体
 8月は胡蝶蘭にとって暑過ぎます。胡蝶蘭はもともと東南アジアの熱帯地方の植物ですが、実際は山の上の方の少し涼しいところで生息していたものです。涼しくすることを考えて管理を行ってください。
 

■日照
 晴れると日の力が大変強く日焼けを起こしてしまいます、70%以上の遮光が必要です。通気性の良い場所において霧水などを行い葉温を下げる工夫をしてください。

■温度
 胡蝶蘭にとって暑すぎる時期です、暑さで株がばてることがあります。エアコンのある場所に移す、通気性を良くする、西日にあてない、霧水を行うなど工夫してください。

■潅水
 大変暑く水を必要とする時期です。水を与えすぎると根腐れの原因になるので株や植え込み材を観察し完全に乾いたらたっぷりの水を与えるようにしてください。

■肥料
 生長期なので肥料が必要になってきますが、暑くて乾燥が強い場合は鉢内の肥料の成分が多くなりすぎるので下記よりもさらに薄めに与える必要がある場合があります。
暑さで弱っている場合、また2回に一回程度は肥料を与えないようにしてください

【みずごけの場合の肥料】 
 洋蘭用の液肥をメーカー指定のさらに5倍程度に薄めて与えてください。
【バークの場合の肥料】  
 メーカー指定の2倍程度に薄めて与えてください。微量要素も不足しますので微量要素を含んでいる肥料も株の状態を観察して与える必要があります。

■植替え
 植替えを予定している場合は早めに植替えを行なってください。暑さで株が弱ってしまいがちです。霧水や涼しい場所に置くように工夫してください。(植え替えした苗はデリケートになっていますので、とくにやさしく管理してください)
 植替え対象(寄せ植えされているものや、2年以上植え替えを行なっていないもの)



Copywrite(c)2006Aikaengei